■ご挨拶

 まず最初に、新型コロナウイルス感染症により影響を受けられた方々に、謹んでお見舞いを申し上げます。そして、医療現場の最前線で治療にあたられている医療従事者の皆様、感染拡大防止のために、ご尽力されている多くの方々に、心より敬意を表しますとともに、深く感謝いたします。

 さて、本年7月1日をもちまして、シリコンソーシアム株式会社は、無事に第21期を迎えることができました。これもひとえに皆様のご支援の賜物です。謹んで御礼を申し上げます。

 皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言の発出や、まん延防止等重点措置がとられる中、大変な思いで業務を遂行されておられる事と存じます。現在、第4波も高止まりの傾向にありますが、ワクチン接種が順調に進み、1日も早く安心して過ごせる平和な日常に戻れることを切に願ってやみません。

 このような状況下にあって、半導体の需要は世界規模で急増し、材料不足や、需給ひっ迫による納期問題が発生しています。この傾向は当面継続するかと思われますが、叡智をもって、解決していきたいものです。

 感染症の問題を機に、人々の暮らし方は大きく変わり始めました。新たな生活様式を支えるための技術革新も速度を上げて進んでいます。自動運転、次世代通信、そして生活支援技術などは実用化が目前に迫って来ました。これらは明日の社会基盤を担うテクノロジーであり、その核となるのが半導体です。

 弊社では、このような技術開発に迅速に対応できるよう、ハイエンドからレガシーまで、幅広いプロセスの試作・量産サービスをご用意しています。技術サポート体制も充実しておりますので、安心してご利用下さい。

 おかげ様で、試作・量産の取り扱いデザイン数は年々増加し、経験と実績を積み重ねて参りました。今後も常に求められるサービスを見極め、提供することで、微力ではありますが、日本の半導体業界の発展、そして、人々が安心して暮らせる豊かな社会づくりに寄与して行きたいと思っております。

 これからも、シリコンソーシアム株式会社、並びに、半導体試作・量産サービスを、何卒よろしくお願い申し上げます。


令和3年7月1日
シリコンソーシアム株式会社
代表取締役 斑目 広二
   LSI試作量産サービス | シリコンソーシアム試作情報アーカイブ  *最新情報随時更新中*